不当解雇は弁護士に相談して解決!士業に任せて悩み知らず

スーツ

企業と従業員のトラブル

説明

サービス残業という矛盾

誰も、残業してあげますよ、なんて言っていない。会社からしろと命令されているだけだ。いや、正確には、表立って命令されたこともないだろう。ただ、するのが当たり前だ、と暗黙の了解を迫られているだけだ。就業時間が過ぎても仕事をしろと。その間の給料は請求するなと。あたかもサービスで残業、いや、それは業務ではなく、文字通りただの「サービス」を会社側に対してしているように思えと、そう迫られているだけだ。サービスだろうが何だろうが、残業は残業だ。当然、賃金は支払われるべきだ。それが労働者の権利であり、雇用者の義務だ。しかし、現代の世の中では、サービス残業をすることが当然だと思っている企業が多すぎる。未払い残業代の請求を求めることは、労働者の権利であり、責められるべきことではない。むしろ法に違反し、責められるべき罪を犯しているのは、未払い残業代の請求を許さない企業側なのだ。もしあなたにそのつもりがあるのなら、未払い残業代を企業に請求してもいい。その権利があなたにはある。だが、企業側もそう簡単に未払い残業代があるとは認めないだろう。会社側からすれば、サービス残業は労働者の「善意」によるサービスだ。働いているわけではなく、あくまでボランティアをしてくれている、と勝手に決めつけている。そんな嘘をまかり通してはいけない。真実を顕にするために、労働者には強い味方がいる。弁護士だ。未払い残業代を請求するときには、まず弁護士に相談しよう。弁護士に相談して、何が必要なのか、何をすべきなのかを教えてもらおう。弁護士に相談をして、正すべきことをきちんと正せば、労働者の権利は保障される。現状に不満があるならば、迷わず弁護士に相談しよう。

不当解雇も弁護士に相談しよう

他にも、企業と従業員にまつわるトラブルは多くあり、不当解雇などもその1つだ。不当解雇を受けると、生活が一変する。自分は何も悪いことをしていないのにも関わらず解雇されたという人は、一度弁護士に相談してみるのが良いだろう。

代理請求

裁判

不当解雇やサービス残業などの訴えを自分が起こしたと知られてしまえば、会社から恨まれてしまうかもと恐れるのも無理はないだろう。そんなときのための代理権を持つ弁護士だ。

読んでみよう

残業とは何か

男の人

未払い残業代を請求するには、まず残業とは何かについて知らなければならない。どのレベルからの働きがサービス残業にあたるのか一度見なおしてみると良いだろう。困った時は弁護士に相談するのも1つの方法だ。

読んでみよう

問題を解決する

握手

自分が明らかに残業をさせられている。それも、サービス残業だとして、企業側から賃金が支払われていないということが明確であるならば、未払い残業代を請求するよう働きかける必要がある。

読んでみよう

Copyright© 2016 不当解雇は弁護士に相談して解決!士業に任せて悩み知らずAll Rights Reserved.